読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダブルサブミット対策

Teeda

[Seasar-user:12016]ダブルサブミット対策に対応しました。

詳細は、こちら https://www.seasar.org/issues/browse/TEEDA-419

これにより、 te:renderJs 属性に true が指定されたボタンだけにダブルサブミット対策が
適用されるようにしました。

この機能は、次のバージョンから適用されます。


te:renderJs="true"と絡ませずにすぐ試せる簡単なサンプルは以下です。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<script language="JavaScript" type="text/javascript" src="kumu.js"></script>
<script language="JavaScript" type="text/javascript" src="event.js"></script>
<script language="JavaScript" type="text/javascript" src="disabled.js"></script>
<title>Disabled Sample</title>
<script type="text/javascript">
//<![CDATA[
DisabledConf = {
  time : 50000,
  includeButton : ['doOnceHoge'],
  submitMessage : function(){
    alert('送信中です');
  }
}
//]]>
</script>
</head>
<body>
<form id="test1" action="https://www.seasar.org/issues/">
  <input type="submit" id="doOnceHoge" value="test1" />
  <input type="submit" id="noCheck" value="test2" />
</form>
</body>
</html>

このサンプルでは、idがdoOnceHogeボタンのみダブルサブミットのチェックが行われます。


本来はform単位でチェックを行うので、この機能は多用する事はないかもしれません。
※既存のexcludeFormとの併用は出来ないので注意が必要です